第45回九州サッカーリーグ 監督談話 <第1・2節>4月15日〜16日

J.FC MIYAZAKI 監督 与那城 ジョージ

 開幕戦はいつも難しい試合になります。
 今日の試合の立ち上がりは良くなかったてす。選手の頑張りで途中からは少し良くなりました。次の試合からは力を発揮できるようにはなるかと思います。
 九州サッカー協会の皆様、沖縄県サッカー協会の皆様素晴らしい運営ありがとうございました。

テゲバジャーロ宮崎 監督 石崎 信弘

 初めてのレギュレーションの上、前週に天皇杯予選を土日行ってからのリーグ開幕という事で、開幕戦はかなりタフなゲームになるだろうと予想できた。
 硬さが見える中、先制されたものの前半で逆転し、勝ち点3をもぎ取ったがまだまだ課題の残る試合だった。
 二節目は開幕からスタメンを5人入れ替えたが出場した選手が点を取り、良いイメージの試合運びができた。早い時間帯で点が取れたのが大きかった。
 三節目はホーム開幕となるのでしっかり良い準備を行いたい。

新日鐵住金大分サッカー部 監督 岡部 範智

 第45回九州サッカーリーグの開幕、おめでとうございます。
 リーグ開幕2連戦、F.C.那覇さんと三菱重工長崎さんとの試合でした。
 F.C.那覇:開幕で選手たちに硬さが見える中、先制点を奪われたが、粘り強い戦いで逆転勝利する事が出来た。
 三菱重工長崎:連戦で動きが鈍い中、選手は身体を張りゴールを守っていたが、豪快なミドルシュートを打たれ敗戦となった。
 次節はホームで2連勝している海邦銀行SCさんとの試合となります。気持ちを切替えて勝利出来るよう頑張ります。
 最後に、開幕集中開催運営をして頂きました沖縄県サッカー協会、海邦銀行SC、F.C.那覇の皆様、ありがとうございました。

▲ページトップに戻る

九州三菱自動車サッカー部 監督 玉藤 進一

 第45回九州サッカーリーグ開幕おめでとうございます。本年度もよろしくお願い致します。
 第一試合目、三菱重工長崎SC戦。大事な初戦、開幕戦ということもあり、立ち上がり硬い部分もありましたが、前半途中から流れを掴むことが出来ました。
 しかし先制点を奪うことが出来ず、先に先制される苦しい展開で、最後ロスタイムで追い付き、勝ち点を取ることが出来ました。
 第二試合目、海邦銀行サッカークラブ戦。立ち上がり相手の全線からのプレッシャーに対応出来ず、押し込まれる展開。
 前半途中から選手を入れ替え、攻撃に出ましたが、最後まで流れを変えることが出来ず厳しい結果になりました。
 この二試合で良かった点、反省すべき点がはっきりしましたので、次の試合に向けていい準備をしていきたいと思います。
 最後に、九州サッカー協会の皆様、沖縄県サッカー協会の皆様、また関係者の皆様、運営ありがとうございました。

FC中津 監督 井堀 貴康

 第45回九州サッカーリーグ開幕、おめでとうございます。
 関係者の皆様方、今年度も宜しくお願いします。
 VS 海邦銀行SC
 Kyuリーグ開幕という独特の雰囲気の中、地元海邦銀行さんとの試合で浮足立った試合の入りをしてしまい、開始早々の失点が今試合の勝敗を決めてたと思います。
 また、終始相手ペースの試合運びとなり、気合いに勝る仲間監督のプレシャーに負けました。でも、次は勝ちます!!
 VS NIFS KANOYA FC
 前日の敗戦を引きずらないよう気持ちを切替え、連日の疲労が残る中、挑んだ試合。
 また、学生チームでフィジカルの上回る相手に対して、最終的には勝ちたい気持ちが上回った方が勝利を掴めるとチーム全体で戦い、なんとか勝利する事が出来ました。
 前日とは逆に、開始早々の先制ゴールで前半は内のペースでの試合運びになりましたが、後半からはフィジカルに勝るNIFS KANOYA FCさんに主導権を握られ苦しい試合展開でしたが選手が良く頑張って耐えてくれた結果、勝点3を取る事が出来た試合でした。
 この2試合でサッカーの原理原則が随所に見られ、やはりKyuリーグでは簡単には勝たせてもらえないと再認識しました。
 町クラブがJを目指すチーム、企業チームに泥臭くプレーをし勝つ姿を見せたいと思います。
 最後に運営をして頂きました、沖縄県サッカー協会の皆様、海邦銀行SCさん、F.C.那覇さん、最高のピッチ、最高のおもてなしで、プレー出来た事、感謝しております。ありがとうございました!!
 中津での集中開催でも最高のピッチ、最高のおもてなしの心で準備させて頂きます。
 また、九州サッカーリーグの委員長はじめ役員様、各県の委員長ならびに関係者様ありがとうございました。これから、9月まで宜しくお願い致します。

熊本県教員蹴友団 監督 青木 太

 まずは、第45回九州リーグが開幕できたことを心よりお喜び申し上げます。
 そして、この九州リーグに今年度も教員団が参加できることを大変うれしく思います。
 さて、今年度のリーグ開幕戦となりましたNIFS戦でしたが、教員主体というチームの特色上、来れないメンバーが多く、少ないメンバーで戦うことになりま した。
 人数を揃えられないところに大変申し訳なく思いましたが、マッチの曽我さんが「昨年地震があって、今日無事にサッカーができることを喜びに感じながら試合をしてほしい」という言葉をいただき、大変心を打たれました。
 その熱い気持ちを持って、少ないメンバーでも自信を持って戦うことを選手に伝え、ピッチに送り出しました。
 試合では押し込まれる場面が多々ありましたが、粘り強く戦い、結果勝ち点1を獲得することができました。欲を言えば、少ないチャンスをものにしないといけないと思いました。これから精進していきたいと思います。
 最後になりましたが、大変素晴らしいグランドや運営を提供していただいた海邦銀行、FC那覇のスタッフの方々や沖縄県サッカー協 会社会人部会の方々、関係者の方々に大変感謝しております。
 熊本の試合でも見習って、このような運営をしていきたいと思います。今年1年よろしくお願いします。

▲ページトップに戻る

NIFS KANOYA FC 監督 塩川 勝行

 第45回九州サッカーリーグ開幕おめでとうございます。今年も九州リーグに参戦できることに喜びを感じております。
 熊本教員団さんとの開幕初戦。狙い通りにゲームを組み立てることはできていましたが、最後までゴールを奪うことが出来ませんでした。
 一方、DFの活躍もあり無失点で試合を終えることができ、PKではありますが勝利できたことは自信につながりました。
 FC中津さんとの対戦では、開始早々に失点し、ズルズルと時間だけが経過してしまいました。
 一度は追いつきましたが、素晴らしいミドルシュートを決められてしまい反撃及ばず負けてしまいました。改めて一瞬の気の緩みが失点につながることを思い知らされました。
 今年度も厳しい戦いが続きますが、唯一の学生チーム、そして鹿児島県の代表として誇らしい結果を残せるよう全力で闘います!!
 最後に、最高の環境をご準備していただいた沖縄県サッカー協会の皆様、ボールパーソンの皆様、関係者の皆様ありがとうございました。

海邦銀行サッカークラブ 監督 仲間 幹

 明けましておめでとうございます。第45回九州サッカーリーグ開幕おめでとうございます。
 中村理事長はじめ事務局の皆さま、各チームの皆さま、そして各県社会人委員の皆さま沖縄集中開催に際しましてご協力大変ありがとうございました。
 不備等ありましたがなんとか無事開催出来て、ホッとしております。今年度も宜しくお願い致します。
 さて、開幕2連戦では2連勝させていただき、ありがとうございます。
 FC中津さんとは九州リーグ対戦で、始めて勝利させていただきありがとうございます。
 九州三菱さんとは、接戦で負けるのが多く、さらには大敗しるなど・・・大変手ごわい相手というイメージでしたが、勝利出来て選手に感謝です。
 今季は8回の遠征と苦しい事情の中、戦いますが・・選手には仕事の調整等、資金の調整を頑張っていただき出来る限りベストな状況で戦い、残留を目標し優勝できるよう謙虚に頑張ります。
 最後に沖縄開催を成功させていただきました、各チーム関係者の皆さま、沖縄県社会人委員会の皆さま、ボールパーソンを行って頂きました、コザ高校、普天間高校の皆さまありがとうございました。

三菱重工長崎SC 監督 安部 真一

 VS九三
 迎えた開幕戦、熊本震災から1年サッカー出来る事に感謝し沖縄に足を踏み入れました。
 トータル的に守備意識はあったものの最後に同点に追いつかれたのは反省しつつ九さんの勝負強さを感じたゲームでした。
 しかしながら、90分気持ちのあるゲームを見せてくれた選手みんなには感謝したい。
 VS大分
 開幕戦同様に守備意識高くゲームに臨みました。
 先制点も取れて運動量も落ちることなくチームみんなでつかんだ勝ち点3でした。
 開幕集中開催を終え沖縄の各会場の運営の皆様大変お世話になりました。
 また、各関係者の皆様今期1年宜しくお願い致します。

F.C.那覇 監督 中村 博幸

 第45回九州サッカーリーグの開幕、おめでとうございます!
 2年振りの参戦となりますが、沖縄県サッカー協会、社会人委員会、県リーグ関係者、ボールボーイの高校生、多くの皆様のおかげで、無事に2日間の運営をこなすことができました。本当に感謝しております!!
 また、各チームの皆様、審判団の皆様におきましては、2日間お疲れ様でした。
 試合は残念な結果に終わりましたが、九州の強豪チームとの試合はワクワク感も味うことができ、九州リーグの素晴らしさをあらためて感じました!!
 新日鐵さん、テゲバジャーロさん、どうもありがとうございました!!
 私達のような小さな雑草チームが頑張ること、それがサッカー界を支えているという誇りだけは忘れず、一つでも良い試合、良い結果が得られるよう頑張ります!!
 ※海邦さんの上位進出をサポートのため、大量失点しないよう頑張ります!!! 仲間監督、すみませんでした〜(笑)

佐賀LIXIL FC 監督 永吉 龍也

 1年ぶりの九州リーグという事で選手は緊張感を持っていましたが、この最高の舞台でサッカーができる喜びを感じながらあきらめずにプレーしようと送り出しました。
 テゲバジャーロさんに先制点をとれたのはよかったですが、前半の最後に失点した事が今になれば大きかったと思います。
 やはり、失点してはいけない時間帯での失点で、しかも直後にも失点してしまったことは今後の九州リーグという舞台での大きな課題だと思います。
 J.FC MIYAZAKIさんとの試合でも先制点は取れましたが、ロスタイムでの失点という、九州リーグの厳しさを改めて感じております。
 昨年の上位チームに善戦出来たことはよかったですが、勝点を取れなかったのが悔しいです。
 次節は地元での試合となりますので、勝ち点取れるように、失点をしないゲームを目指します。
 最後に、開幕集中開催という大事な運営をして頂きました沖縄社会人連盟の皆様とスタッフ関係者の皆様、そして海邦銀行FC、FC那覇の皆様、ありがとうございました。

▲ページトップに戻る