第45回九州サッカーリーグ 監督談話 <第15節>7月23日

J.FC MIYAZAKI 監督 与那城 ジョージ

 試合の入り方が良く、点数を獲る事ができました。
 気温も暑く運動量が厳しいゲームではありましたが、前半に点数をとれた事で勝つ事ができました。
 次節の海邦銀行戦にいい準備したいと思います。
 小林高校サッカー部の皆様、宮崎県サッカー協会の皆様暑い中運営ありがとうございました。

テゲバジャーロ宮崎 監督 石崎 信弘

 海邦銀行サッカークラブさんとの対戦。大変暑い中の試合でした。
 やっているサッカー自体は悪くはないのですが、せっかくのカウンター攻撃も相当数逃してしまっていました。
 点が取れている試合は前半の早いうちに得点が決まっているので、やはり前半から、決めれるところはきっちり決めておかないと、と思います。
 交代で入った山口愛騎選手が、今季初めて決めれたのは良かったです。
 怪我人が数名出ていることも懸念点。まだまだ続くので体調管理も気をつけていかないとならないと思います。

新日鐵住金大分サッカー部 監督 岡部 範智

 NIFS KANOYA FCさんとの試合。ホームゲームで勝ち点が欲しいゲームでした。
 前半立ち上がりに1点を奪われる苦しい試合展開。その後は、攻め込まれながらもゴールを目指し戦ったが結果PK負け。
 次節に向け、良いトレーニングをして頑張りたいと思います。
 最後に、運営をして頂きました大分県サッカー協会ボールパーソンの大分工業サッカー部の皆様、暑い中ありがとうございました。

▲ページトップに戻る

九州三菱自動車サッカー部 監督 玉藤 進一

 

FC中津 監督 井堀 貴康

 試合なし

熊本県教員蹴友団 監督 青木 太

 
 

▲ページトップに戻る

NIFS KANOYA FC 監督 塩川 勝行

 

海邦銀行サッカークラブ 監督 仲間 幹

 沖縄より暑いように思えた宮崎でのテゲバ戦、チームというより柳田代表に勝ちたい気持ちが空回りしたのか・・・
 PKを与えてしまい撃沈。。このPKがなければ・・・・・・・。
 最後に都農町の皆さまワインまで頂きありがとうございました。

三菱重工長崎SC 監督 安部 真一

 立ち上がりゆるい感じでの入りに5失点で前半終了
 後半はレッドカードで1人少ない中、ボールキープを意識しながら試合を組み立てる事が出来たと思います。
 酷暑のなか準備してくださいました宮崎の皆様大変ありがとうございました。

F.C.那覇 監督 中村 博幸

 九州リーグ第15節は、佐賀LIXIL FCさんとの対戦でした。
 なんとか勝点を、と試合に臨んだのですが、浮き足立ちミスが多く、LIXILさんの気迫に負けてしまった試合でした。
 次節まで時間が空きますので、しっかり立て直したいです!!
 非常に暑い中での試合でしたが、LIXILさんどうもありがとうございました。
 また、沖縄県サッカー協会、審判団の皆様、ボールボーイの真和志高校の皆様、運営の協力どうもありがとうございました!!

佐賀LIXIL FC 監督 永吉 龍也

 暑い中での戦い方として、立ち上がりを十分意識して失点は避けてゲームに入っていこうと、送り出しました。
 ライバルの那覇さんとのタフな戦いの中で選手たちはよく戦ってくれました。集中し奮起してくれて、今節はなかなか取れていない得点が取れました。
 しかし、終盤での失点が課題として残りますが、勝ち点を取れてホッとしています。しかし、この勝ちをつなげるためにも次戦に向けて準備します。
 暑い中での素晴らしい運営をして頂きました、沖縄県サッカー協会様、F.C.那覇様、ボールボーイの学生の皆様、ありがとうございました。

▲ページトップに戻る